PONY♂ ENTERTAINMENT DIARY

ブログ主・ポニー♂のエンターテイメントライフを記したブログです★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Danity Kaneを発掘したオーディション番組・Making the Bandから誕生したBad Boy所属の男性5人組みユニット・Day26のデビューアルバム「Day26」です。
累計セールスやシングルヒットがアレですが、アルバムは見事全米1位を獲得しました(・∀・)
制作はDiddy、Mario Winansはもちろん、Bryan-Michael Cox、LT Hutton、Danja、Kwamé、The Runnnersなどが参加しています。

Day26 「Day26」
---Track List---

01.「I'm The Reason」
★★★☆
ドンドコ騒がしいトラックに、やたら明るい長調な曲調に違和感を覚えたアッパーなオープニングナンバー。
Produced by Malay / Co-Produced by Sean "P. Diddy" Combs & Mario Winans

02.「Got Me Going」
★★★★☆+
これぞBad Boy!といったサウンドを聴かせるCoolな1st Single。スクラッチや焦燥感・疾走感溢れるトラックに病みつきになりました♪ さすがDiddyMario Winans、そしてソングライトにはBryan-Michael Coxも参加しただけあります(゜∀゜)
Produced by Sean "P. Diddy" Combs & Mario Winans

03.「In My Bed」
★★★
和な雰囲気を交えたサウンドに80's風ドラムがビートを刻む、Danja制作のアップナンバー。全然大したことない曲でした(´∀`)
Produced by Danja

04.「Silly Love」
★★★
Ashantiの4th Albumで良い仕事をしたLT HuttonとBad Boyチームの共作による、グルーヴィなミッドナンバー。(・∀・)<ナーナナナナナー♪と歌う曲です。
Produced by LT Hutton / Co-Produced by Sean "P. Diddy" Combs & Mario Winans

05.「Come With Me」
★★★☆
KwaméとBad Boyチームの共作によるBryan-Michael Cox的な幻想的なナンバーのBPMを上げてみました的な曲。
Produced by Kwamé / Co-Produced by Sean "P. Diddy" Combs & Mario Winans

06.「Co Star」
★★★☆
(・∀・)<イェーイェーイェーイェーイェー♪がデスチャ「No, No ,No」を彷彿とさせる、コーラスワークが映える歌メインの洒落た雰囲気のグルーヴィなミッドナンバー。
Produced by Mario Winans & Sean "P. Diddy" Combs

07.「Come In (My Door's Open)」
★★★★
Chris Brown「Dameged」系のThe Runnersによる悲壮感溢れる重々しい雰囲気のミッド。やっぱりThe Runnersは変に歌もののアップやるより、HIP HOP向けのトラックや、歌ものだったらこーゆーミッドが(・∀・)イイ!! 6分近くあるのが玉に瑕。
Produced by The Runners

08.「Are We In This Together」
★★★+
Bryan-Michael Coxによる幻想的なミッドナンバー。ここらへんからBryan-Michael Coxまでもが他のProducerと同様に自己主張をはじめますw
Produced by Bryan-Michael Cox / Co-Produced by Adonis

09.「What It Feels Like」
★★★☆
反復するメロディが印象的なスローナンバー。
Produced by the Soul Diggaz & Mocheddae / Co-Producd by Sean "P. Diddy" Combs

10.「Since You've Been Gone」
★★★★
儚いピアノの音色と幻想的な雰囲気のBryan-Michael Cox節全開の美しいミッドナンバー。2nd Single。
Produced by Bryan-Michael Cox / Co-Produed by Adonis

11.「If It Wasn't For You」
★★★+
ホーンやドラムなどのファンキーなサウンドのアップナンバー。Bridgeの展開は(・∀・)イイ!!
Produced by Malay / Sean "P. Diddy" Combs & Mario Winans

12.「Don't Fight The Feeling」
★★★☆+
再びBryan-Michael Coxによる本編最後を飾る幻想的なミッドナンバーです。
Produced by Bryan-Michael Cox

13.「Aint Going feat. Danity Kane & Donnie Klang」★★★
Danity Kane「Wlecome To The Dollhouse」にも隠しトラックとして収録されたナンバーがこちらの隠しトラックとしても収録。
Produced by Bernard "Doss" Malik

14.「Exclusive (No Excuses)」
★★★☆
隠しトラック2。お馴染みのミッドナンバーを提供しまくってたBryan-Michael Coxが手がけたグルーヴィなアップナンバー。一昔前を感じさせるような雰囲気ですね(・∀・)
Produced by Bryan-Michael Cox

総評:★★★+
先行シングル「Get Me Going」はモロBad Boyって感じで最高だったんだけど、アルバムとしてはあまりツボにヒットするような曲がなくて、どれもフツーだなぁって曲が多かったです。
(しかもこの豪華Producer集結作品なのに…w)
どちらかと言うとミッドが中心なんですが、Bryan-Michael Cox曲(またはそれ系)があまりにも多くて食傷気味に…
あんまり印象に残る曲もなかった気がします。
もう少しインパクトのある曲が何曲があった方が楽しめたんじゃないかな~と思いました(´Д`)

2008年3月25日リリース (U.S.)

 ♪iTSで試聴&購入はこちら⇒DAY26 - DAY26
スポンサーサイト
コメント

最初の2曲しか覚えてない・・・w
個人的に、Badboyのアルバムは
ブランドネームと豪華な制作陣が魅力的だけど
そのわりに中身が意外と地味で印象に残らないっていう
感想に至る作品が多い気がする。
2008/11/07(金) 01:01:04 | URL | ピタ #-[ 編集]

お、Bad Boy特集?w
俺も同じく序盤しかろくに記憶に残ってないなー。全米1位はアメリカのミーハーがたかった結果なのかもなw

DKみたいにメンバー抜けなきゃいいけど(^ω^о)
2008/11/07(金) 01:56:17 | URL | ケンイチ #-[ 編集]

コレ買いましたが、前半は結構気に入ってました!!02~04は特に!
「Since You've Been Gone」はシングルカットされてから聞きましたー。
ただ前半あたりは好きでも、アルバム全体で聞くとおとなし過ぎて・・・

歌は上手いんだし若いんだからもっと遊んだ曲が欲しかったです^^;
2008/11/07(金) 09:01:03 | URL | そろてぃ #-[ 編集]
>ピタくーん
完全にDiddyさんのProduce能力のなさを指摘するコメントwwwww
まー確かにアレだよねw
2008/11/07(金) 22:21:38 | URL | ポニー♂ #-[ 編集]
>健チャン
ガールズグループ繋がりからBad Boy繋がりの感想文を明らかに意識して書きましたw
きっと番組見て「アルバム買う!!」って思った人がいっぱいいて1位になったんだろうねw
DKよりもさらにメンバーを把握する気がない件w
2008/11/07(金) 22:24:17 | URL | ポニー♂ #-[ 編集]
>そろてぃさん
後半からどんどんダレてきますよねw
Day26って何歳くらいの人達なんですかねー?
なんか全くメンバーに興味が持てず、調べる気にもなりませんww
感想書くにあたって2nd Singleが「Since You've Been Gone」ってのもはじめて知りましたw
2008/11/07(金) 22:27:17 | URL | ポニー♂ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pony0301no2.blog59.fc2.com/tb.php/72-5a5f090d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。